かつぬま整骨院
かつぬま整骨院
電話番号かつぬま整骨院の受付時間
事故の施術に自信あり

山梨県甲州市の「かつぬま整骨院」では、腰痛、肩こりなどの急性・慢性の症状に対し、根本から症状が回復するための整体を提供しています。

部位別症例
TOP部位別症例 - 坐骨神経痛

坐骨神経痛

こんなことってありませんか?

  • お尻や脚の裏にかけてしびれがある
  • 腰椎椎間板ヘルニアと言われたことがある
  • 腰部脊柱管狭窄症と言われたことがある
  • 痛みのため歩行が困難である
  • ずっと立っていられない

坐骨神経痛とは?

坐骨神経は、腰から骨盤、お尻を通って足の指先にまで伸びている末梢神経で、太さが鉛筆ほどあって末梢神経の中で最も太く、長い神経で、足先まで約1メートルあります。 多くの場合、腰痛に引き続いて発症し(腰痛を伴わない場合もある)、お尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれが現れ、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。 ほとんどの場合は、片側のお尻や下肢に痛みやしびれが出ますが、両側に症状が出ている場合あります。
ただし、お尻や足の痛みやしびれがあり、本人が坐骨神経痛だと思っていても、実は足の血管がつまる閉塞性動脈硬化症、子宮がん、前立腺がんなどの病気が隠されているかもしれませんので正確に調べることが必要です。

なぜ、坐骨神経が起こるのか?

簡単に言えば坐骨神経がどこかで圧迫や絞扼(絞めつけられる)などの障害を受けた為に発症することが多いと言えます。 原因はさまざまであり、年齢が若い場合は、「腰椎椎間板ヘルニア」と「梨状筋症候群」が多く、高齢になると、ほとんどが「腰部脊柱管狭窄」と「腰椎椎間板ヘルニア」を原因として発症します。「腰部脊柱管狭窄症」、「腰椎椎間板ヘルニア」とも腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって坐骨神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれを引き起こします。
帯状疱疹の後に坐骨神経が起こることもあり、他にも腰椎すべり症、腰椎分離、仙腸関節炎、股関節疾患、変形性腰椎症、変形性側弯症、脊椎圧迫骨折、化膿性脊椎炎、脊椎カリエス(結核性脊椎炎)、妊娠時に坐骨神経痛、婦人科の疾患、内臓の疾患、ストレスとカルシウム不足、冷え症などなど挙げていけばたくさん原因となることは出てきます。 特殊な疾患として、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などが挙げられます。こういった腫瘍性の病変で坐骨神経痛を発症する場合は、痛みが非常に強く、保存的施術で治りにくいのが特徴です。

坐骨神経になるとどのような症状が起こるのか?

  • 腰の痛み、お尻の痛みがある
  • お尻、太もも裏や外側、ふくらはぎ、かかとなどの痛み、しびれ
  • 体を動かすと痛みやしびれが悪化する(問題のある部位の状態により、前にかがめない、後ろへ体を反らすことが出来ないなど)
  • 痛みのため歩行が困難になる
  • 足に力が入らなくなる
  • 下半身の筋肉の太さに左右差が出てくる
  • 座っていられなくなる
  • 足を触ると感覚が鈍くなっている
  • 立っていると、足が痛んで立っていられない
  • 冷えやだるさがある
  • 足の裏の皮膚が厚くなったような感覚がある
  • 体をかがめると、痛くて靴下がはけない
  • 安静にしていても、おしり、下肢が激しく痛む
  • 排尿障害、失禁、便秘になることもある

坐骨神経痛の多くの場合に坐骨神経が圧迫され、神経の血流障害や炎症が生じて起こり、また二次的に血液の循環が悪くなったり、靭帯や筋肉が疲労したりすることも疼痛の原因となります。 坐骨神経痛に関連している部分のインナーマッスル(深層筋)と呼ばれる深い部分の筋肉に対してアプローチを行い筋の硬化・老化を改善します。それに伴い、血液循環を改善し体内に栄養を送り老廃物・痛み物質の体外への排泄をしやすくします。 施術により筋肉が正常な柔軟性を取り戻すことにより、圧迫されていた神経、血管が解放され痛みが取り除かれ回復をしていきます。 また症状によって超音波や干渉波や低周波などの施術器を使い、筋肉、関節の痛みを和らげていきます

受付時間・お問い合わせ



かつぬま整骨院へのお問い合わせ