かつぬま整骨院
かつぬま整骨院
電話番号かつぬま整骨院の受付時間
事故の施術に自信あり

山梨県甲州市の「かつぬま整骨院」では、腰痛、肩こりなどの急性・慢性の症状に対し、根本から症状が回復するための整体を提供しています。

部位別症例
TOP部位別症例 - 五十肩(肩関節周囲炎)

五十肩(肩関節周囲炎)

こんなことってありませんか?

  • 朝起きたら肩が痛くて腕が上がらなかった
  • 肩の痛みで髪を結ぶのもドライヤーをかけるのもつらい
  • 夜、肩が痛くて目が覚める
  • 肩が痛くてゴルフやテニス等のスポーツを満足にできない
  • 五十肩になって1年以上経つ

五十肩(四十肩)とは

「肩が痛い」、「腕が上がらない」といった50歳代に起こりやすい肩の痛み、まさに「五十肩」の名前の由来となるわけですが、だいたい40歳代から始まって50歳代にピークを迎えます。
五十肩(別名:長命病)という言葉は、歴史をさかのぼると江戸時代から広く使われてきたと言われていますので、昔から五十肩には悩まされていたのですね。
一生のうちに五十肩にかかる人の割合は100人のうち2~5人ということです。
もっとたくさんの人が悩んでいるように感じますが、
いずれにせよ五十肩は誰にとっても身近な疾患だといえます。

なぜ、五十肩が起こるのか?

肩の関節、関節周囲を構成する骨、軟骨、靱帯、腱、関節包などが老化(変性)して肩関節の周囲組織に炎症や拘縮や癒着が起きることが、主な原因と考えられおり、外傷、自律神経障害、血行障害、ホルモンバランスの変化も原因の1つと考えられています。 また、痛みや炎症は、周囲筋をかたくしスムーズな動作を妨げます。さらにこれが痛みを増強させ、より動かしにくくなるといいう、悪循環が繰り返されるのです。

  • 肩・背中の筋肉を動かさない事が原因のケース
  • 高い場所を拭き続けるなどの腕を上げての作業、無理な姿勢をとり続けた事が、引き金となるケース
  • ゴルフやテニスのスイングなどが、引き金となるケース
  • 「横向きで寝る習慣が原因」や、「打撲・捻挫」の後からなるなどのケース
  • そのほかに五十肩の原因として、肩の脱臼や骨折後数年たったものや、肝臓病、心臓病、乳癌の手術後などがあります
  • 糖尿病や高脂血症の人に五十肩が多く、治りにくいといわれます。これらの病気の患者は末梢(まっしょう)血管に障害が出やすいことが関連している可能性があります

「五十肩」は他の疾患との鑑別が必要となり、腱板炎、腱板断裂、肩峰下滑液包炎、石灰性腱炎、上腕二頭筋長頭腱腱鞘炎、石灰性腱炎、変形性肩関節症、絞扼性神経障害、頸椎疾患、神経原性筋萎縮症、腫瘍性疾患、内臓からの関連痛などに注意する必要があります。

五十肩になるとどのような症状が起こるのか?

  • 肩を動かすと痛い(運動時痛)、あるいは動かさなくても痛い(自発痛)
  • 夜や朝方に肩が痛くて目が覚める(夜間痛)
  • 痛い方の肩を下にして眠れない
  • 肩の動く範囲が制限される
  • 肩関節の違和感
  • 腕を横に伸ばすとピキッと激痛が走る
  • 帯を結ぶ動作、あるいはエプロンを後で結ぶような動作ができない
  • 髪を結ぶあるいはドライヤーをかけるなどの動作ができない
  • 良い方の腕と比べると痛いほうは腕が後ろに回せない
  • 肩だけでなく二の腕や肘あたりまで痛い
  • 手のむくみや握りがつらい
  • 肩が常に重だるく、首のほうまで重い感じがある
  • 最近肩は痛いし血圧が高めである(これは肩が持続的に痛いと血圧が上昇して肩が治ると血圧が安定します)

その症状を放っておくとどうなるのか?

自然に治ることもありますが、放置すると日常生活が不自由になるばかりでなく、関節が癒着して動かなくなることもあります。「放っておいても半年、長くても1年もすれば治る」といわれています。確かにそうではあるものの、そのままにしておくのは決して良い方法ではありません。
自然治癒したようにみえても、実は痛くならないように肩を使うようになっただけで、炎症の痛みはとれても関節の動く範囲が制限される後遺症が残る場合もあります。
これは決して歓迎すべき治り方ではないのです。
当院でも「自然に治る」と病院や近所の人に聞いて3年間も放っておいて、肩関節拘縮で日常生活に困るレベルになり、慌てて来院してきた患者さんもいます。
自然治癒にまかせず、五十肩も施術すべし!!

五十肩を治すために、痛みを取り除くためには、肩周辺の筋肉や腱の緊張状態を無くさないと痛みは消えませんし、五十肩は治りません。
肩周辺の筋肉や腱を軟らかくすることで、痛みが消えるのです。
原因は肩のインナーマッスル(深層筋)の炎症や筋肉が固くなったり筋肉内に緊張成分(老廃物)が滞り、血流が悪くなり痛みとして感じます。
五十肩を治すには、自然と緊張成分の排出を待っているのではなく、強制的に緊張成分の排出を行います。
五十肩に関連している部分のインナーマッスル(深層筋)と呼ばれる深い部分の筋肉に対してアプローチを行い筋の硬化・老化を改善します。それに伴い、血液循環を改善し体内に栄養を送り老廃物・痛み物質の体外への排泄をしやすくします。
施術により筋肉が正常な柔軟性を取り戻すことにより、圧迫されていた神経、血管が解放され痛みが取り除かれ回復をしていきます。
また症状によって超音波や干渉波や低周波などの施術器を使い、筋肉、関節の痛みを和らげていきます。

受付時間・お問い合わせ



かつぬま整骨院へのお問い合わせ