かつぬま整骨院
かつぬま整骨院
電話番号かつぬま整骨院の受付時間
事故の施術に自信あり

山梨県甲州市の「かつぬま整骨院」では、腰痛、肩こりなどの急性・慢性の症状に対し、根本から症状が回復するための整体を提供しています。

部位別症例
TOP部位別症例 - 膝の痛み

膝の痛み

こんなことってありませんか?

  • 階段を降りるのがつらい
  • 膝が痛くて正座ができない
  • 最近は何もしなくても膝が痛い
  • 膝に水が溜まって抜くかどうか迷っている
  • スポーツでぶつかって膝を打った

膝の痛みとは?

膝は重い体を支えているうえ、立つ、座る、歩くといった日常の動作で負担がかかるため、障害の起こりやすい部位です。症状が悪化すると膝が曲がらなくなったり、杖や手すりが手放せなくなるなど、日常生活に大きな支障が出ます。
膝の痛みでお悩みの方は日本人の4人に1人の方が悩んでいて男性より女性の方が多いと言われています。

なぜ膝痛になるのか?

膝の痛みを引き起こす原因となるものには、スポーツや運動による膝の使い過ぎ、事故などによる膝の外傷(ケガ)、立ち仕事や荷物運搬など日常生活での膝への負担、加齢に伴う骨の老化(骨粗鬆症)、運動不足、生まれつき関節に障害がある、膝関節の異常を伴う病気など様々です。 他にも、猫背など歩く姿勢が悪い場合には、普通の姿勢で歩くときよりさらに膝への負担が大きくなり、発症しやすくなります。また、日本人に多いO脚はひざの内側に体重がかかることが多くなり、内側の軟骨が傷つき痛みを発症することがあります。
それと女性に多く発症することが分かっています。
理由は明らかになっていませんが、閉経などホルモンのバランスも影響していると考えられています。
膝の痛みを起こす疾患で、もっとも多いのは「変形性膝関節症」で、中高年の膝の痛みの原因の圧倒的多数を占めています。(男女比は1:4で女性に多くみられる)
「変形性膝関節症」は、加齢に伴い起こる膝の疾患で、発症には体重や運動、姿勢などの生活習慣が関連していると言われ、関節の中で膝にかかる衝撃を吸収する役割を果たしている関節軟骨や半月板が傷ついたり、けばだったりします。もう少し進行すると、関節軟骨や半月板がすり減り、やがては骨がむき出しになり、衝撃が吸収できなくなり骨と骨が擦れたりし、やがて変形や痛みが生じます。 「変形性膝関節症」にかかると、膝の痛みのためあまり歩かなくなり、脚の筋肉が衰えていきます。膝を守っている筋肉が衰えるとさらに膝に負担がかかります。
このような悪循環から脱するためには、早期に施術を受けることが大切です。早期に施術を受ければ、痛みをコントロールして疾患の進行を遅らせることができます。 膝の痛みを起こすその他の疾患として、スポーツなどで膝を使いすぎたときに軟骨の表面が壊れたり、半月板が傷んだりする病気(外傷性関節症)やリウマチ性の病気(関節リウマチ)、突然ひざの骨の細胞が死んでしまう病気(骨壊死)、神経障害によって膝の骨が破壊される病気(神経症性関節症)などがあります。
その他にも、ランナー膝(腸脛靱帯炎)・鵞足炎(鵞足滑液包炎)・ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)・オスグット病・半月板損傷・靭帯損傷・有痛性分裂膝蓋骨・関節ねずみ・関節内遊離体・関節水腫・ベーカー嚢腫・関節リウマチ・痛風・膝蓋軟骨軟化症・膝蓋骨不安定症・大腿四頭筋炎・滑膜ヒダ障害(タナ障害)・関節水腫・半月(板)損傷・膝靱帯損傷・膝離断性骨軟骨炎・スポーツによる膝の慢性障害・膝蓋骨脱臼・腓骨神経麻痺・O脚・X脚・膝関節捻挫・化膿性関節炎・結核性関節炎・骨軟骨腫・内軟骨腫・骨肉腫・軟骨肉腫・色素性絨毛結節性滑膜炎などなど挙げていけばたくさん原因となることは出てきます。 膝の痛みはこれらの鑑別が必要となります。

膝痛の症状

「変形性膝関節症」の主な症状は、膝を動かしたときに生じる膝の痛みです。
最初は、立ち上がるとき、歩き始めるときなど、膝に体重がかかりやすいときに痛むことが多く、もう少し進行すると階段の上り下りのとき、正座したときなど、特別な動作をしたときにも痛みが生じるようになります。
じっとしていると痛みが軽くなりますが、疾患が進行していくと安静時でも痛みがとれないことがあります。
他にも、関節に炎症が起こり、膝のお皿の周辺に水がたまります。
水がたまると膝が腫れて、痛みが生じたり膝が動かしにくくなったりすることがあります。

「年だから仕方がない。」 「太っているから、仕方がない。やせなさい。」 「運動不足だから、どんどん歩きなさい」 と言われて、落ち込まれる患者さんが多く来院されます。
たしかに、老化や体重増加や筋力の低下が主な原因であることは間違いありません。
他に考えられるのは若いころの外傷(けが)も考えられますし、原因は一つではありませんが、老化に関しては、同年齢でも全く痛みのない人は沢山おられますので一概に決めつけるのもどうかと思います。
膝の痛みは、施術を受けずに放っておくと、痛みや腫れが強くなり、歩行困難になってしまうことがありますが、早めに施術を受ければ痛みをコントロールすることが可能です。
このまま一生、膝の痛みと付き合うかと思うとウンザリと思う方、当院では膝の痛みに関連している部分のインナーマッスル(深層筋)と呼ばれる深い部分の筋肉に対してアプローチを行い筋の硬化・老化を改善します。
それに伴い、血液循環を改善し体内に栄養を送り老廃物・痛み物質の体外への排泄をしやすくします。 施術により筋肉が正常な柔軟性を取り戻すことにより、圧迫されていた神経、血管が解放され痛みが取り除かれ回復をしていきます。
また症状によって超音波や干渉波や低周波などの施術器を使い、筋肉、関節の痛みを和らげていきます。

受付時間・お問い合わせ



かつぬま整骨院へのお問い合わせ